<< KANSAI  YAMAMOTO | main | 祭り >>
0
    だっくすのナゾ
    「だっくすさん・・・だっくすさんのだっくすって、何のだっくすなんですか??」
    と、たまに聞かれる事がある。
    答えは簡単!ダックスフンドのダックスである。
    僕が21歳位の時、世界的な舞台演出家の蜷川幸雄氏の劇団GEKISHA蜷川スタジオで、芝居の勉強をしていた。
    ご存知の方も多いかもしれないが、蜷川さんの芝居にはかなり多くの俳優達が出演している。
    いわゆる群衆と呼ばれる出演者が、時には100人以上出演している事もあるのだ。
    蜷川さんがそんな群衆シーンの演出をする時、全員の名前はなかなか覚えきれないので、分かりやすい特徴を見つけて、それを呼ぶ場合が多いのだ。
    そんな中で1番付け易いのが、足が短い俳優に対してのダックスフンドというあだ名(ニックネーム?)だったようだ。
    ご存知のように僕もかなりの短足。
    群衆の中をチョコチョコと走り回る僕を見て、すぐさまダックスフンドと言うあだ名がついたわけだ。
    後で知った事だが、ダックスと呼ばれた人は、過去に2〜3人いたようだ・・・。
    せっかく蜷川さんがつけて下さったあだ名なので、それを芸名にしたほうがいいのでは・・・と気付いた僕は
    「蜷川さん・・・ダックスを芸名にしたいんですけど・・・名付け親になっていただけますか・・・?」
    そう相談してみた。
    「うん、いいよ。・・・ダックス小峰でいいんじゃないか・・・!」
    「ハイ!ありがとうございます!」
    決定である!
    ちなみにひらがなの方が画数的に良いと言われて、2001年に改名した。
    僕自身はひらがなの方が、カタカナより作家っぽくて良いと思っているのだが・・・気付いてくれる人は・・・ほとんどいない・・・。


    | だっくす小峰 | あれこれエッセイ | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://essay.dax-and-kezu-lt.main.jp/trackback/1119751
    CALENDAR
    SMTWTFS
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    このページの先頭へ